「どうやって老後資金、貯めてます?」 そんな疑問を50名の方に質問してみました。

老後資金の疑問

・ 老後資金はいつから意識した方がいいの?
・ 老後資金ってそもそも、いくら必要なの?
・ ずばりどんなお金の貯め方してるんですか?

などなど私の疑問を質問してみました。お悩みの方はぜひ参考にしてみてください。

それでは早速、アンケートの結果を見ていきましょう。

お金の貯め方は持ち家の人と貸家の人では違うかもしれないと思ったので、そのあたりもうかがっています。

1

こんにちは。智子です。わたしは60歳で現在住んでいるのは、持ち家です。
今回はそんな私の老後資金の貯め方のお話です。

b1

私が老後資金を貯めようと思ったきっかけは?

50代貯金ゼロ超崖っぷちの人のお金の貯め方を表す画像

1

わたしが老後資金を貯めようと思ったのは以下のようなきっかけです。

1

30代半ばまでは大企業で生活は安定していた。

その後転職を行い、転職先の給料は良かったものの以前の職場に比べると収入が不安定で、将来ひいては老後にわたって一定水準の生活が出来るか不安に感じていた。

一方で、一定の水準の生活を維持するには、公的年金では足りない事も自分なりにわかっていた。

更に、政府の言うことはその時その時で良く変わるので、自分が支給される頃にきちんと支給されるかどうか、不安を感じていた。

そこで自分の為の年金を自分で作ろうと思い立ち、資金を貯め始めた。

こんな私が老後資金で必要と思う金額は・・・

50代貯金ゼロ超崖っぷちの人のお金の貯め方を表す画像

1

こんなきっかけがあったのですが、私が必要とおもっている老後資金の金額は5000万円。

この持ち家を貯めるべくとった方法がこれ。

50代超崖っぷちの人のお金の貯め方を表す画像

1

私が「老後資金を貯めるぞ!」と思ってとった方法が次の方法

1

まず、毎月の給料からの積立。

具体的には銀行への定期預金と、証券会社への株式、金融債の積立。

これらの額はほぼ毎年見直して無駄の無い様にしている。

その他はこれまで貯めた資金の運用によって増やしている。

具体的には国内株式、国債、外債(社債)の運用である。

基本的に購入した株式、債権は短期での売買は行わず長期保有を前提としている。

えられたインカムゲイン(配当金や運用益)は全額再投資して、お金に働いてもらっている。

まぁ、いろいろな方法はあると思いますが、わたしにとっては最高でした。

老後資金を貯めはじめてよかったと思うのがこんなこと

1

私が「老後資金を貯めはじめてよかった」と思ったのがこんなこと

1

比較的若い頃に老後の生活を意識して貯めることを始めたので、ただいま現在は、公的年金が現在とあまり変わらない水準で支給されれば、金銭的には心配をしなくても良くなりつつある。

正直なところもういつ仕事を辞めても、おそらく経済面で破綻することはない。

もちろん、生きている限りは社会の役に立って行くことが重要なので仕事は続けると思うが、選択肢が拡がったと感じるし、やっと多少自由らしきものを感じはじめるようになって来た。

まぁ、いろいろな方法はあると思いますが、わたしにとっては最高でした。

老後資金に関してお悩みの方にアドバイスがあるとすると・・・

50代貯金ゼロ 超崖っぷちの人のお金の貯め方を表す画像

1

私が老後資金を貯めてみて皆さんに役立つかなと思うのが次のことです。

1

少額でも良いから、できるだけ早く準備を始めることをおすすめする。

また、現在準備が出来ていないと感じる方も今後改善するという意味において遅すぎるという事も無いので、準備を始めて欲しいと思います。

まず手始めは銀行等への天引きの定期預金あたりが良いかと思います。

そして生活費の半年分から1年分くらい貯まったら、徐々に投資を始めていけば良いと思います。

マイホームの購入や子供の学費等で厳しい時期もあると思いますが、額は減らしてもやめないで続ける事が重要です。

老後資金を貯めるのにプラスしてみたいことランキング

1位:自分の体験を電子書籍化

あなただけの体験は他人にとっては有用な価値があるの知ってますか?
>>自分の体験を電子書籍化してみる。