「どうやって老後資金、貯めてます?」 そんな疑問を50名の方に質問してみました。

老後資金の疑問

・ 老後資金はいつから意識した方がいいの?
・ 老後資金ってそもそも、いくら必要なの?
・ ずばりどんなお金の貯め方してるんですか?

などなど私の疑問を質問してみました。お悩みの方はぜひ参考にしてみてください。

それでは早速、アンケートの結果を見ていきましょう。

お金の貯め方は持ち家の人と貸家の人では違うかもしれないと思ったので、そのあたりもうかがっています。

22

こんにちは。誠です。わたしは47歳で現在住んでいるのは、貸家です。
今回はそんな私の老後資金の貯め方のお話です。

b1

私が老後資金を貯めようと思ったきっかけは?

50代貯金ゼロ超崖っぷちの人のお金の貯め方を表す画像

22

わたしが老後資金を貯めようと思ったのは以下のようなきっかけです。

22

いつまでも働くことが出来ないので最低限の生活は必要にはなりますが、保険診療の医療費はまかなえます。

しかし、その他の生活費は住宅や光熱費に関わる費用がたくさん掛りますので、生活福祉ではまかない切ることが出来ません。

また、食費を犠牲にしなければならない時も出てきます。

単身でも家族でも最低限の健康で文化的な生活が必要ですが、そのあたりが全く機能していません。

以上のことより食生活を犠牲にするのか、いざとなるための医療費を犠牲にするのかの選択肢に迷います。

こんな私が老後資金で必要と思う金額は・・・

50代貯金ゼロ超崖っぷちの人のお金の貯め方を表す画像

22

こんなきっかけがあったのですが、私が必要とおもっている老後資金の金額は1億円。

この貸家を貯めるべくとった方法がこれ。

50代超崖っぷちの人のお金の貯め方を表す画像

22

私が「老後資金を貯めるぞ!」と思ってとった方法が次の方法

22

目標金額には貯金することが出来ないのが現状です。

方法論は働ける時に月々1万円の年間120万円ずつ貯金ができれば20年務めることができれば、2400万の貯金ができます。

しかし、収入としてみなされるのでいざとなったときの傷病対策としての生活福祉を犠牲にしなければ行けない覚悟が必要になりますので注意が必要です。

少なくても傷病なく所得が安定して年間360万の貯金ができれば、定年までには億に近い貯金ができるので最低限の老後を送れる手段がとれます。

以上の事から老後の意味を小学生や中学生に道徳の授業で教育をしていけば不自由ない方法を考えると断言できます。

まぁ、いろいろな方法はあると思いますが、わたしにとっては最高でした。

老後資金を貯めはじめてよかったと思うのがこんなこと

22

私が「老後資金を貯めはじめてよかった」と思ったのがこんなこと

22

健康寿命の対策が出来ました。

なぜならば健康寿命の対策には家で筋トレが無理なくできるのでお金がかからないので1つの節約が出来ます。

さらに、食事に関してはスナック菓子のようなものが嫌いになったので、スーパーの格安セールの食材をたくさん買えるので食生活にも困らなくなり、体調も良く病院通いも減らすことが出来て医療費が節減が出来ました。

以上の事から貯金するメリットは将来のためには老後の生活を含んでいますので非常に良かったと思いました。

まぁ、いろいろな方法はあると思いますが、わたしにとっては最高でした。

老後資金に関してお悩みの方にアドバイスがあるとすると・・・

50代貯金ゼロ 超崖っぷちの人のお金の貯め方を表す画像

22

私が老後資金を貯めてみて皆さんに役立つかなと思うのが次のことです。

22

今からでも遅くありませんので、月に1000円以上の貯金ができれば徐々に貯金する目的が見えますのでオススメを致します。

貯金はイケナイとYou Tubeで拝見すると思いますが老後資金は将来に向けての解釈ができますので、何かに使うための目的であれば貯金しても構いませんと説明をされています。

以上のことより貯金は肯定的に楽観的にすればお金が増えてくるのが見えてきますので、貯金額よりも貯金をしてお金の溜まってくる楽しみを抱いてみてはいかがでしょうか?

老後資金を貯めるのにプラスしてみたいことランキング

1位:自分の体験を電子書籍化

あなただけの体験は他人にとっては有用な価値があるの知ってますか?
>>自分の体験を電子書籍化してみる。