「どうやって老後資金、貯めてます?」 そんな疑問を50名の方に質問してみました。

老後資金の疑問

・ 老後資金はいつから意識した方がいいの?
・ 老後資金ってそもそも、いくら必要なの?
・ ずばりどんなお金の貯め方してるんですか?

などなど私の疑問を質問してみました。お悩みの方はぜひ参考にしてみてください。

それでは早速、アンケートの結果を見ていきましょう。

お金の貯め方は持ち家の人と貸家の人では違うかもしれないと思ったので、そのあたりもうかがっています。

3

こんにちは。誠です。わたしは54歳で現在住んでいるのは、持ち家です。
今回はそんな私の老後資金の貯め方のお話です。

b1

私が老後資金を貯めようと思ったきっかけは?

50代貯金ゼロ超崖っぷちの人のお金の貯め方を表す画像

3

わたしが老後資金を貯めようと思ったのは以下のようなきっかけです。

3

53歳でとある病気を発症し、そのためにサラリーマン業がつらくなり辞めることにしました。

病気の発症はいつ発生するかわからず、発症した際は周りに迷惑をかけてしまうからです。

ただ、闇雲に辞めてしまったので老後の心配はさらに大きくなりました。

ただ、それと同時期に父が亡くなったことで遺産を相続することになりました。

そこで老後の資金を作るためにも遺産を元手に独立開業することにしました。

ですのできっかけは自分自身の病気の発症と遺産相続がきっかけになります。

こんな私が老後資金で必要と思う金額は・・・

50代貯金ゼロ超崖っぷちの人のお金の貯め方を表す画像

3

こんなきっかけがあったのですが、私が必要とおもっている老後資金の金額は2000万円〜3000万円。

この持ち家を貯めるべくとった方法がこれ。

50代超崖っぷちの人のお金の貯め方を表す画像

3

私が「老後資金を貯めるぞ!」と思ってとった方法が次の方法

3

父が住んでいた土地と住居を遺産相続しました。

その住居は私の実家でもあります。

その実家を賃貸用にリフォームし賃貸収入を得ることになったので老後の資金に当てようと目論んでいます。

またマイクロ法人を設立して家賃収入を法人の売上とし、標準報酬月額を最低額にすることで所得税を0円に、さらに社会保険料を最低額に抑えてあります。

また、土地建物の評価額は最低でも1,000万円はありますので、それも売却することで老後資金を確保しています。

まぁ、いろいろな方法はあると思いますが、わたしにとっては最高でした。

老後資金を貯めはじめてよかったと思うのがこんなこと

3

私が「老後資金を貯めはじめてよかった」と思ったのがこんなこと

3

50代半ばで貯め始めるのはかなり遅い時期になるかと思います。

ですが貯めはじめたりすると色々な知識が必要になってきます。

事業や税金、投資のこと、生活水準の見直し、生活に関わる必要経費の見直しです。

これらを全て勉強していくことでお金を貯める力や稼ぐ力、守る力や増やす力、そして幸福感を得るために使う力が備わってきている実感があります。

今までのサラリーマンでは絶対得ることのなかった学びを得ることができるようになり、良かったと思っています。

まぁ、いろいろな方法はあると思いますが、わたしにとっては最高でした。

老後資金に関してお悩みの方にアドバイスがあるとすると・・・

50代貯金ゼロ 超崖っぷちの人のお金の貯め方を表す画像

3

私が老後資金を貯めてみて皆さんに役立つかなと思うのが次のことです。

3

今となっては若いうちにお金についてもっと学んでおくべきだったと後悔しています。

若い頃はとにかくお金はあるだけ使い足りなければ借りるような生活をしていました。

でも実際には若い頃ほど早めに手を打っていればこれほど苦労することはなかったのではないかと思います。

アドバイスになるかはわかりませんが、自分のためにファイナンシャルプランナーの資格を3級だけでも取得したほうがお金についての知識が身につき、使わなくても良いお金と使わなくてはいけないお金の区別がつくようになるでしょう。

あとは生活水準を極力上げないことが一番大事だと思います。

かの大富豪であるウォーレンバフェットも質素な生活を送っています。

老後資金を貯めるのにプラスしてみたいことランキング

1位:自分の体験を電子書籍化

あなただけの体験は他人にとっては有用な価値があるの知ってますか?
>>自分の体験を電子書籍化してみる。