「どうやって老後資金、貯めてます?」 そんな疑問を50名の方に質問してみました。

老後資金の疑問

・ 老後資金はいつから意識した方がいいの?
・ 老後資金ってそもそも、いくら必要なの?
・ ずばりどんなお金の貯め方してるんですか?

などなど私の疑問を質問してみました。お悩みの方はぜひ参考にしてみてください。

それでは早速、アンケートの結果を見ていきましょう。

お金の貯め方は持ち家の人と貸家の人では違うかもしれないと思ったので、そのあたりもうかがっています。

1

こんにちは。浩です。わたしは45歳で現在住んでいるのは、持ち家です。
今回はそんな私の老後資金の貯め方のお話です。

b1

私が老後資金を貯めようと思ったきっかけは?

50代貯金ゼロ超崖っぷちの人のお金の貯め方を表す画像

1

わたしが老後資金を貯めようと思ったのは以下のようなきっかけです。

1

コロナで浮き彫りになった日本政府の経済対策、行き当たりばったりの諸政策に対し、自分自身で死に際まで面倒を見なければならない状況に必ずなると考えたからです。

このまま働き続けても給料は上がらず、物価は上昇し、少子化対策も無策なために子供の数は右肩下がり状態です。

もはや自分で自分を守らなければ、誰にも守ってもらえない将来が待っています。

頭も体もまだ自由がきく現時点で、具体的に老後の資金のことを考えなくてはならないと考えました。

子供は子供で大変な時代がやってきます。

子供に甘えないように自分で自分の面倒を見れるようにならないと、と考えました。

こんな私が老後資金で必要と思う金額は・・・

50代貯金ゼロ超崖っぷちの人のお金の貯め方を表す画像

1

こんなきっかけがあったのですが、私が必要とおもっている老後資金の金額は4000万円。

この持ち家を貯めるべくとった方法がこれ。

50代超崖っぷちの人のお金の貯め方を表す画像

1

私が「老後資金を貯めるぞ!」と思ってとった方法が次の方法

1

会社で得た給料や副業や投資で得た資金をさらに分散投資していきます。

投資信託、外国株、暗号通貨、コモディティ等リスク軽減のために分散投資1択です。

貯金は行いません。

貯金に近いものと言えば、ジュニアニーサを活用した学資保険の積立投資、iDeCoくらいでしょうか。

間に銀行をはさむ貯金は利率が最低ですので全く行おうとは思いません。

それならばこれから可能性がある暗号通貨を購入しインターネット上で保有しておいた方が良いと考えています。

まぁ、いろいろな方法はあると思いますが、わたしにとっては最高でした。

老後資金を貯めはじめてよかったと思うのがこんなこと

1

私が「老後資金を貯めはじめてよかった」と思ったのがこんなこと

1

とにかくたくさん勉強しています。

時代の流れに取り残されそうになるほど、世の中は新しい仕組みが出来てきています。

既存の考え方で老後を迎えたら恐らく、国は何もしてくれないのか?と文句を言うだけで終わっていたでしょう。

お金うんぬんよりも、世の中の流れを理解し、子供にも伝えていくことが親の務めかなとも思います。

恐らく私の歳ですと、あと10年後に老後のことを考え始めたら手遅れだったかもしれません。

頭もかたくなり、新しいことを学ぼうという気持ちも薄れていくはずですから。

まぁ、いろいろな方法はあると思いますが、わたしにとっては最高でした。

老後資金に関してお悩みの方にアドバイスがあるとすると・・・

50代貯金ゼロ 超崖っぷちの人のお金の貯め方を表す画像

1

私が老後資金を貯めてみて皆さんに役立つかなと思うのが次のことです。

1

私も何が正しいのかはわかりません。

まだ老後になっていませんから。

ただひとつ言えることは、老後資金2000万円という言葉には踊らされない方が良いと思います私が小学生の頃、クリスマスケーキが600円ほどでした。

今はキャラクターもののデコレーションケーキは3000から4000円しますよね。

これが何を意味するか。

異常なまでの物価の上昇です。

それに反して給料はあがりません。

お金の価値も下がっています。

結局2000万円貯めたからと言って、今の2000万円と同じことが老後できるかということです。

極端な話、2000万円が200万円の価値しかなくなるかもしれません。

必死に2000万貯めて安心できない時代なのです。

ならば絶えずお金を増やしていく方法を考えなくてはなりません。

それがアドバイスです。

老後資金を貯めるのにプラスしてみたいことランキング

1位:自分の体験を電子書籍化

あなただけの体験は他人にとっては有用な価値があるの知ってますか?
>>自分の体験を電子書籍化してみる。