「どうやって老後資金、貯めてます?」 そんな疑問を50名の方に質問してみました。

老後資金の疑問

・ 老後資金はいつから意識した方がいいの?
・ 老後資金ってそもそも、いくら必要なの?
・ ずばりどんなお金の貯め方してるんですか?

などなど私の疑問を質問してみました。お悩みの方はぜひ参考にしてみてください。

それでは早速、アンケートの結果を見ていきましょう。

お金の貯め方は持ち家の人と貸家の人では違うかもしれないと思ったので、そのあたりもうかがっています。

1

こんにちは。崇です。わたしは25歳で現在住んでいるのは、貸家です。
今回はそんな私の老後資金の貯め方のお話です。

b1

私が老後資金を貯めようと思ったきっかけは?

50代貯金ゼロ超崖っぷちの人のお金の貯め方を表す画像

1

わたしが老後資金を貯めようと思ったのは以下のようなきっかけです。

1

国がNISAやiDeCoを進めだしたニュースが頻繁に見られるようになって、それと同時にいろいろな分野や立場の人の意見も目にするようになりました。

そういった記事や意見から自分の身は自分で守っていかないと自分が老後になる頃にはマズいのではないかと感じ、老後の資金を今のうちから貯めていこうと思うようになりました。

また職業柄様々な方の預貯金を伺う機会があるのですが、貯めておられる方は年収に関わらずしっかり貯めておられるのだと感じ、私でもコツコツと頑張れば達成できる数字だと思えたのも大きい理由かと思います。

こんな私が老後資金で必要と思う金額は・・・

50代貯金ゼロ超崖っぷちの人のお金の貯め方を表す画像

1

こんなきっかけがあったのですが、私が必要とおもっている老後資金の金額は3000万円。

この貸家を貯めるべくとった方法がこれ。

50代超崖っぷちの人のお金の貯め方を表す画像

1

私が「老後資金を貯めるぞ!」と思ってとった方法が次の方法

1

貯金専用の口座をつくり、そこに毎月先取り貯金として一定額を振り込むようにしています。

あとは、積み立てNISAもしており、投資信託で少しずつ運用の方もしています。

現在の貯金の比率は預金8割、投資信託2割といった感じですが、投資信託をはじめて1年半ほど過ぎ、利回りの良さも実感してきたところなので、もう少し投資信託の方の割合も増やしていっていいかなと思っております。

ただ、投資信託は途中でお金を引き出せない(引き出すと勿体ない)というデメリットがあるので、いざというときすぐ動かせる預貯金も変わらず貯めていってバランスを取っていく予定です。

まぁ、いろいろな方法はあると思いますが、わたしにとっては最高でした。

老後資金を貯めはじめてよかったと思うのがこんなこと

1

私が「老後資金を貯めはじめてよかった」と思ったのがこんなこと

1

20代の段階から目標を持ってコツコツと貯めていけるので、余裕をもったスケジュールで進めていけそうなのが良い点だと思います。

特に投資信託は長い時間をかけて積み立てれば積み立てるほど安定的に利回りも良くなっていくので、今のうちから始めておけば老後の頃には預貯金では考えられないほどの収益がでているのではないかと思います。

老後資金という意識で貯めてはいますが、やはり老後に至るまでにかかる経費もあるかと思いますので、そのあたりも計算に入れて計画していける点もいいところかと思います。

まぁ、いろいろな方法はあると思いますが、わたしにとっては最高でした。

老後資金に関してお悩みの方にアドバイスがあるとすると・・・

50代貯金ゼロ 超崖っぷちの人のお金の貯め方を表す画像

1

私が老後資金を貯めてみて皆さんに役立つかなと思うのが次のことです。

1

投資信託など、利益が出ることもあれば、損することも否定できないというタイプの貯金方法はなかなか手を出しにくく、私も始めるまでかなり調べたり周りの人に聞いたりとしてきましたが、損したという人はたいてい3~4カ月くらいで早々に怖くなり解約しているケースなので、本当長く続ければ確実に利益が出ていくかと思います。

確かに私も初めてすぐは全体収益がマイナスになり焦りましたが、堪えて放置していると気づけば、前日と比べてマイナスという日はあれど全体の収益を見てマイナスになるということはなくなりました。

気長に構えていくのがいいのではないかと思います。

老後資金を貯めるのにプラスしてみたいことランキング

1位:自分の体験を電子書籍化

あなただけの体験は他人にとっては有用な価値があるの知ってますか?
>>自分の体験を電子書籍化してみる。